フィンランドの幼児教育

e0364219_12554216.jpg




















国際学力テスト、学習到達度調査(PISA、15歳対象)で、北欧諸国は上位の常連です。
いずれも教育大国で、就園率(4歳児)はデンマーク97%、スウェーデン95%。
ところが、フィンランドは74%と低く、家庭の幼児教育も盛んです。

そのフィンランドでも、「すべての子どもに早期教育を」と、就園率を上げようとしています。
家庭と学校の両輪で、幼児教育をますます充実させるのでしょう。

フィンランドでは、小学校(7歳児~)前の1年間は、プリスクール(就学前学校)になります。
学校生活の準備として、子どもの社会性を育てる狙いがあります。

幼児教育は、勉強だけでなく、自主性と社会的コミュニケーションの土台づくりですね。
コペルでも、とても重視している考え方です。


[PR]
by copel-ykhmlp | 2017-06-11 12:58 | 幼児教育 | Comments(0)

◆横浜みなとみらい地区(桜木町含む)、ランドマークプラザ4階(ポケモンセンター隣)にある幼児教室です。◆右脳と左脳をバランスよく育てる全脳教育で、子どもの天才的な潜在能力を引き出します。 ◆20年以上のノウハウ ◆毎週新しい教材を使う飽きないレッスン ◆質の高いトレーニングを積んだ優秀な先生


by ペル君