人気ブログランキング |

カテゴリ:幼児教育( 61 )

10歳の壁

e0364219_17304621.jpg


コペルのホームページ内にある、「ワンポイント徳育アドバイス」が更新されています。


子どもの脳を育てる習慣とは

https://copel.co.jp/category1/habit_brain_growing_up/?fbclid=IwAR3AQb51EWNsu8_uMcLAxJ6u8qS8fKgnc-kuoSTMSNR11ZaoxsR9muma360


教育には、「10歳の壁」があるそうです。

人間は10歳頃から、思考が大きく変わると言われています。

物事を客観的に見られる様になり、視野が広がっていきます。


ちょうどこの時期に、前頭葉がほぼ完成するとか。

前頭葉には、情報を総合的に組み立てる役割があります。

コミュニケーションや問題解決力など、社会的な能力とも密接に関係しています。

だからこそ、10歳までの教育が重要だという訳です。


前頭葉の発達のためには、生活のリズムが大切だ言います。

まずは、規則正しい「睡眠」「運動」「食事」。


生活のリズムが整えば、次は学習の習慣です。


短時間でも、何かに取り組ませると良いそうです。

積み木でもぬり絵でも、子どもが楽しくできることなら何でも。

それから徐々に、学習の要素を取り入れていけば、学習の習慣ができます。


子どもには、習慣の力を使って、楽しく学習させましょう!

という主旨でした。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-06-30 17:32 | 幼児教育 | Comments(0)
e0364219_18232365.jpg

コペルのホームページ内に、「幼児教育お役立ち情報」があります。


今週は、「成績アップにつながる努力に対する褒め方とは?」でした。

https://copel.co.jp/article/mind-to-strive/?fbclid=IwAR0yDEP_ptH0um0FRGjCZNDohgghQ9NAxOez01otsXZAeXp_zlV8QQ8A8qA


スタンフォード大学が、小学6年生を対象にして、「心のあり方」と「成績」の関係を調査しました。

「心のあり方」は、頭の良さは生まれつきか?、あるいは努力次第と考えるか?の2通りに分けました。

各グループの子どもの成績を、2年に渡って追跡調査(中学2年生まで)した訳です。


結果は、以下の通りになりました。

- グループ 頭の良さは生まれつき -> 成績が下がり続けた

- グループ 努力次第で頭は良くなる -> 成績がアップし続けた


「頭の良さは生まれつき」とした子どもは、「苦手だから」と自分を責めたり、「先生の教え方が悪い」と責任転嫁する傾向が見られとか。

それに対して、「頭の良さは努力次第」と考えた子どもは、やるべき事から逃げずに勉強に励んでいたそうです。


この結論を踏まえると、子どもを褒める時は、能力でなく努力を褒めることが大切と言えます。

それによって、課題に向き合って解決する姿勢が育まれます。

大人になってからも必要な力ですね。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-06-15 18:27 | 幼児教育 | Comments(0)

e0364219_15404012.jpg


『子どもが幸せになることば』の著者・田中 茂樹さんが、面白いエピソードを紹介されていました。

https://diamond.jp/articles/-/200791?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor


ある父親が、高く揚がった凧(たこ)を子どもに持たせてあげよう、としたお話です。

- 子どもと一緒に買ってきた凧を、お父さんが自分で組み立てた

- 最初に、お父さんが揚げてみた

- ところが、凧はすぐに落ちてしまった。風向きが不安定だった模様

- その後、お父さんがよく揚がる方法を研究し始めた

- 風向きが安定せず、上手く揚がらずに諦めて帰った


この間、子どもは「僕に持たせて!やらせて!」とジタバタ状態だったとか。


親の優しさ?せいで、子どもは何の経験も出来なかった訳です。


子どもに、失敗して試行錯誤するステップを踏ませてあげれば・・・。

分かっていても、意外と難しいものです。

見守る勇気が必要になります。


育成の問題は、大人の世界でも同じですね。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-05-19 15:45 | 幼児教育 | Comments(0)

e0364219_11365731.jpg

「一流の子育て Q&A」というWeb連載があります。

脳科学者の西 剛志さんが、子育てに関する色々な質問にお答えになっています。


その中で、「子どものやる気を高める方法を教えてください」という回があり、興味深く読みました。

https://diamond.jp/articles/-/198270


子どもがやる気を失うのは、大人からの指示・命令が多すぎる場合だそうです。

脳は「片付けなさい!」などと命令されると、抵抗を感じて真逆の事をしようとする性質があります。

命令をたくさん受けると、素直に聞けずに、子どもはやる気を失ってしまいます。


記事の中で、指示を出しても子どものやる気を下げない方法を、アドバイスされています。

それは、「子どもに1つだけでなく、2つ以上の選択肢を与える」というやり方です。


子どもに「これをやりなさい!」ではなく、「この中でどれをやりたい?」と子ども自身に決めて貰います。

そうすると、子どもは「どれにしようかな?」と自分で考えるので、やる気が高まると言います。


脳は、「自分で選択したい」というコントロール欲求があります。

その欲求が満たされると、自尊心と自主性が伸びる訳です。

子どもも大人も同じですね。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-05-05 11:45 | 幼児教育 | Comments(0)

幼児教育は「量より質」

e0364219_11195548.jpg


コペルだより3月号に、経済協力開発機構(OECD)が提案する幼児教育の記事がありました。


OECDは、「量より質」の教育を主張しています。

「質の高い早期の幼児教育が、子どもの成長と成功を大きく後押しする」とあります。

中でも、社会情動的スキルを重視しています。


社会情動的スキルは、「目標の達成」、「他者との協働」、「感情のコントロール」の3軸。

「学びに向かう力」と言い換えることができます。

社会に出てからも活躍し、人生を豊かにする大切な能力になります。


社会情動的スキルスキルは、生まれてから小学校に入学するまでに、急速に発達すると言われています。

コペルでも、これらの育成を大切にして、幼児教育のプログラムがつくられています。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-03-31 11:21 | 幼児教育 | Comments(0)

e0364219_19435651.jpg


コペルだより3月号に、「非認知」能力の記事があります。


「認知」能力は、計算や識字などの数値化しやすい力です。


一方、「非認知」能力は、数値化しにくい総合的な人間力になります。

「好奇心」、「情熱」、「忍耐力」、「表現力」、「協調性」などでしょうか。

自分を成長させたり、社会の中で活躍したりするために必要な力だと言えます。


AI(人工知能)時代が間近に迫っていますが、認知能力はAIの得意分野です。


それ故、人間には、創造力やコミュニケーション能力、チャレンジ精神といった非認知能力が求められる様になります。

周囲との温かい関係を深めたり、豊かな人生を築いたりする上で、とても大切な能力です。


それでは、実際の子育ての中で、どの様にしたら子どもの非認知能力を高めることができるのでしょうか?  

記事の中では、3つのポイントを挙げています。


ポイント 子どもの力を信じましょう

親の信頼があれば、子どもは自己肯定感が高まります。


ポイント 命令しないようにしましょう

先回りして指示しすぎると、子どもの自主性が育ちません。


ポイント 否定の言葉を使わないようにしましょう

子どもの自由な発想を阻害してしまいます。


子どもを信じて、見守り、肯定する愛が大切だと思います。



[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-03-17 19:50 | 幼児教育 | Comments(0)

e0364219_09551720.jpg


進学塾VAMOSってご存知でしょうか?


入塾テストがなくて先着順、というユニークな塾。

それでも、難関中学・高校に合格者をたくさん出していることで有名です。


そのVAMOSの代表・ 富永雄輔さんが、「男の子の学力の伸ばし方」と「女の子の学力の伸ばし方」という2冊の本を上梓されました


本の中で、考える力とは「1つひとつの知識を有機的につなげる力」とあります。


入試の難問も、覚えた知識を組み合わせて、初めて解く事ができます。

土台となる基礎的な知識の蓄積が重要という訳です。


これは社会に出ても同じではないでしょうか。

既存の技術やサービス、市場の新しい組み合わせで、イノベーションが起きています。

情報や知識がたくさんないと、新しい発想は産まれません。


コペルでも、潜在能力の開発と併せて、知識の習得も重視しています。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-03-10 09:58 | 幼児教育 | Comments(0)
e0364219_12292256.gif


タイトルのテーマで、コペル・大坪代表のインタビューが掲載されています。(動画あり)

ママナという教育情報サイトです。

https://copel.co.jp/media/mamana0215/?fbclid=IwAR0L07c4bRgxkgKIOo9Zji2L-8QKizzepmCe0Q3oTJuLLdXamMXEZwN1dN4


大坪代表は、幼児教育に25年間携わっています。

その経験をベースに、今考えていることを率直に語っています。


中でも印象的だったのは、「6歳までの1年間は、大人の120年分」という所です。

脳細胞をつなぐネットワークは、6歳までに爆発的に増えます。

そのスピードが大人の120倍だと言われています。


これに関連して、ユニセフは「教育は6歳までに90%近く終わる」と提言しました。


世界各国では、幼児教育に力を注ぎ始めています。

イギリスは、3歳まで週1回の幼児教育を行い、小学校の開始を45歳に早めました。

フランスは、小学校の入学を3歳に引き下げる予定です。

カナダは、税金で0歳から教育を実施しています。


コペルでは、0歳からの幼児教育をとても重視しています。

当横浜ランドマークプラザ教室でも、0~1歳から通室する生徒さんが増えてきました。

横浜の子ども達の成長に、少しずつでも貢献できればと考えています。



[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-02-24 12:32 | 幼児教育 | Comments(0)

失敗からしか学べない

e0364219_12124469.jpg


「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキさん。

ご存知の通り、世界中で色々な事業を成功させています。


小さい時に何度も失敗したことが、事業に活きていると言います。

失敗の原因を考え、そこから学び、また挑戦するという姿勢ですね。

むしろ、失敗しないと学べないという訳です。


子どもの頃の試行錯誤が大切なのでしょうか。

謙虚に失敗を認めて、学習する力。

事業家だけではなく、人にとって必要な力だと思います。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262

Facebook: https://www.facebook.com/copelylp/


by copel-ykhmlp | 2019-01-27 13:30 | 幼児教育 | Comments(0)

e0364219_19280906.jpg


コペルの幼児教室がある横浜ランドマークタワーでは、コミュニケーションロボットが何台か導入されています。


主な仕事は、69階の展望フロア・スカイガーデンでの景色や施設の案内。

動きもスムーズで、人との会話もなかなか良い感じです。(日本語、英語、中国語のマルチリンガル)

さらには、実務を通して学習して成長するとか。

- 動画: https://youtu.be/KcamHX_YWJI


日本は人口減少社会に入っており、人手不足が大きな課題になっています。

AIとロボットがどんどん導入されて、「労働」が代替されて行くことでしょう。


これからは、人は人にしかできない仕事に取り組む機会が増えそうです。

感性と創造力、コミュニケーション能力が問われる仕事ですね。

コペルの幼児教育で、とても大切にしているポイントです。


[横浜市西区] 横浜ランドマークプラザ教室

お店のミカタ: https://copel-ykhmlp.on.omisenomikata.jp/

タウンノート神奈川: https://townnote.net/0452114582

なびかな: https://navikana.com/045-211-4582/

いこーよ: https://iko-yo.net/facilities/84262


by copel-ykhmlp | 2019-01-12 19:28 | 幼児教育 | Comments(0)

◆横浜みなとみらい地区(桜木町含む)、ランドマークプラザ4階(ポケモンセンター隣)にある幼児教室です ◆右脳と左脳をバランスよく育てる全脳教育で、子どもの天才的な潜在能力を引き出します  ◆20年以上のノウハウ ◆毎週新しい教材を使う飽きないレッスン ◆質の高いトレーニングを積んだ優秀な先生 ◆教室直通 045-211-4582 (9:30 - 18:30)、祝日はお休みです)


by ペル君