<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0364219_19105556.jpg

コミュニケーションの基本は読む、書く、話す、聞くですよね。
中でも、子どもは話す機会が大切です。

ある調査によれば、親の話が長くなると、子どもの語彙力が低下してしまうとか。
親がしゃべり過ぎると、子どもは言葉が出なくなります。

聞くことはコミュニケーションの基本です。
特に親子では肝に銘じたい所です。
子どもは話すことによって、語彙力を伸ばす事ができます。


[PR]
by copel-ykhmlp | 2018-01-28 19:11 | 幼児教育 | Comments(0)
e0364219_15355485.png

コペルだより1月号「子どもが伸びる言葉かけ③」より。
子どもが癇癪を起している時の接し方、についての記事がありました。

例えば、子どもが転んで痛い~と泣いている時、親はこの状況を切り替えようとします。
「痛くない。痛くない。」と、ポジティブな方向に引っ張るのは逆効果。
子どもは痛い事が分かって欲しくて、ネガティブな方向に引っ張り返します。

「痛かったね。」と子どもの気持ちに寄り添えば、子どもは力が抜けて引っ張るのをやめます。
子どもの気持ちを一旦受け入れると、親の気持ちが伝わります。
その時に始めて、子どもは状況を変える言葉がけを受け入れます。

子どもの言葉だけでなく、気持ちを感じること。
答えようと聞くのではなく、理解しようと努めること。
その様にして、相手と深いコミュニケーションを取ることができます。
大人同士でも同じで、重要な点だと考えます。


[PR]
by copel-ykhmlp | 2018-01-21 15:37 | 幼児教育 | Comments(0)

脳が最高に働く状態とは

e0364219_11151640.jpg

コペルだより1月号にある、「脳が最高の状態になるためには」を興味深く読みました。

記事によれば、地球にも脳波(シューマン波)があるそうです。
正体は地表と電離層(高度60~500 km)の間で共振している電磁波で、波長が7.83ヘルツ。

人間の脳波であるアルファ波(7.8~14.3ヘルツ)とシータ波(4~7.8ヘルツ)のちょうど境界になります。
覚醒シータ波と呼ばれている領域。
この神秘的な一致は、人間が地球の影響を強く受けている証でしょうか。

人間の脳波が、地球の脳波と同じ波長になる時。
それが脳が最高に働く状態であろう事は、直感的に分かります。

コペルのレッスンでは、この覚醒シータ波の状態をつくり出しているとか。
凄い成果の秘密?は、こんな所にもありそうですね。

私も仕事中や睡眠時には、覚醒シータ波のBGMも流しています。
リラックスできて、かつ集中力が増して行くのを感じます。


[PR]
by copel-ykhmlp | 2018-01-14 11:18 | 幼児教育 | Comments(0)
e0364219_19490425.png

改めまして、2018年もよろしくお願い申し上げます。
コペルの幼児教室は、1/5(金)よりスタートしております!

さて、横浜ランドマークプラザ教室は、この1月でオープン1周年を迎えました。
お蔭様で、0歳児から小学生まで、たくさんに生徒さんに通室頂いています。

1周年を記念しまして、お得な入会キャンペーンを実施中です。
よろしければ、お問い合わせくださいませ。

【先着30名さま限定】
☆ 入会金15,000円+税 ⇒無料!!
☆ 3か月間月謝16,000円+税 ⇒10,000円+税!!
☆ 年齢別ワーク付
総額33,000円もお得です。

体験お申し込み: https://copel.co.jp/inquiry/
教室直通: 045-211-4582
フリーアクセス: 0800-777-8777


[PR]
by copel-ykhmlp | 2018-01-06 19:49 | 教室のこと | Comments(0)

◆横浜みなとみらい地区(桜木町含む)、ランドマークプラザ4階(ポケモンセンター隣)にある幼児教室です ◆右脳と左脳をバランスよく育てる全脳教育で、子どもの天才的な潜在能力を引き出します  ◆20年以上のノウハウ ◆毎週新しい教材を使う飽きないレッスン ◆質の高いトレーニングを積んだ優秀な先生 ◆教室直通 045-211-4582 (9:30 - 18:30)、祝日はお休みです)


by ペル君